コープ住まいるコープえひめから生まれた住宅専門会社です。

リフォーム Reform

コープ住まいるの耐震診断

1981(昭和56)年の建築基準法の改正から新しい耐震基準(いわゆる新耐震基準)が定められました。実際にそれ以前の建築物は、阪神大震災でも大きな被害が報告されました。この新耐震基準以前に建てられた家にお住まいの方は、ぜひ一度耐震診断を受けられることをおすすめします。
熊本大地震のような規模になると、新耐震基準以降に建てられたお家も倒壊しておりますのでより耐震性を高め、安心できるお家に住みたいものです。

住まいのプロがしっかり診断

建物の構造、築年数、間取り、壁・柱・床・外壁の仕様と状況調査、床下・屋根裏などの構造確認と劣化調査、壁・基礎の亀裂・ずれ調査などから家の強さを判断します。

耐震の流れ
耐震の流れ
  • 鉄筋の探査
    鉄筋の探査
  • 床の傾き調査
    床の傾き調査
  • 屋根裏調査
    屋根裏調査
  • 床下調査
    床下調査
  • 基礎亀裂調査
    基礎亀裂調査
  • 基礎強度検査
    基礎強度検査

コープの耐震診断費用

コープ組合員
昭和56年5月31日以前着工 図面 有 無料
昭和56年5月31日以前着工 図面 無 47,000円(税込)
昭和56年6月1日以降着工 図面 有 47,000円(税込)
昭和56年6月1日以降着工 図面 無 62,000円(税込)
「お客さまの住まいのホームドクターでありたい」との思いから、診断料は実費程度に抑えています。
コープ住まいるの耐震診断は、愛媛県が主催する木造住宅耐震診断講習会を受講した耐震診断技術者(コープ住まいる1級建築士事務所所属建築技師)が診断にお伺いします。南海地震がきても大丈夫か?など地震に対して不安をお持ちの方は、診断をおすすめします。

お問い合わせ・資料請求

お問い合わせ・資料請求