コープえひめから生まれた住宅専門会社です。

コープ住まいる

  1. LINE

リフォーム Reform

コープ住まいるのエネルギーリフォーム

「売電」から「自家消費」へ!

2009年に太陽光発電設備を設置し、売電を始めたご家庭では、2019年11月で1kWあたり48円での買取が終了しました。以降の買取価格は電力会社によって多少異なりますが、1桁の価格となり、買電が1kWあたり30円前後とすれば、一般的には売電より自家消費する方が良いでしょう。

固定買取価格の推移
10kW未満
年度 住宅用
平成21年以前 電力会社が約24円で自主買取り
平成21年度 48円
平成22年度 48円
平成23年度 42円
平成24年度 42円
平成25年度 38円
平成26年度 37円
平成27年度 35円
平成28年度 33円
平成29年度 30円
平成30年度 28円
令和元年度 26円
令和2年度 21円
買取り期間 税込み 10年間
2019年より太陽光で発電した電気の価値が大幅に減少

また、台風を含む昨今の自然災害では、各地で停電被害が発生しています。
ライフラインのひとつである電気。「いざという時のため」の蓄電池設置は、ご家庭に「ひとつの安心」をもたらします。

急な停電…「蓄電池」があると必要な機器が使えて安心です!
  • もしもの備えのない住宅は…

  • もしもの備えのある住宅なら…

    ※昼間太陽光が発電していれば、蓄電池へ充電してさらに長く使えます。

蓄電池とは

充電を行うことで、繰り返し電気を蓄えたり、自由に使ったりできるシステムのこと。
価格の安い深夜帯に電力会社から買った電気を充電したり、日中に太陽光発電で得た電気を貯めたりすることで、オトクに電気を使うことができます。また電力会社への売電が効率的に行えるほか、万が一停電が起きてしまった場合でも、いつもどおり電気を使用することができるなど、多くのメリットがあります。太陽光発電で電気を「つくる」だけでなく、「ためる」「賢くつかう」ことで、電気代の節約やエコに貢献できる暮らしを実現します。

太陽光で創った電気を自家消費して、電気をできるだけ買わない生活へ
  オール電化住宅 太陽光導入前後 創蓄連携システム導入
  電気・ガス併用住宅
太陽光導入前
売電期間内(48円) 売電期間内(7円) 売電期間後(7円)
蓄電池5.6kWh
太陽光メリット
(月間512kWh)
自家消費 205kWh 205kWh 300kWh
売電 307kWh 307kWh 212kWh
光熱費(支出) 約20,000円 約5,900円 約5,900円 約3,000円
太陽光の売電収入 約15,000円 約2,200円 約1,500円
総収支 -約20,000円 +約9,100円 -約3,700円 -約1,500円

※本試算はあくまで一例です。シミュレーションの値を保証するものではございません。あくまでも参考値としてお取り扱いください。

蓄電池導入応援キャンペーン実施中!

太陽光発電で売電している方を対象に、「蓄電池導入シュミレーション」を行なっています。
この機会に蓄電池の導入をご検討ください。

フリーダイヤル0120-925-511 資料請求 お問い合わせ・資料請求