コープえひめから生まれた住宅専門会社です。

コープ住まいる

  1. LINE

コープ住まいるの想い

リフォーム工事 あんしん1~5年かし保険有料・無料サービス

これまでの「リフォーム工事」には、工事業者選びや工事の品質、悪徳な業者による法外な請求など、様々な不安がありました。このような不安を解消し、消費者が安心してリフォーム工事が出来るようにするための国交省の住宅政策のひとつが、『リフォームかし保険』です。
2020年民法改正に伴った法律順守の視点で、信頼及び責任をもって提案していきます。

もしも、リフォーム工事に不具合があったら

『リフォームかし保険』では、不具合に対する保証を工事業者に義務付けしているので安心です。さらに、その補修にかかる費用を保険でカバーできるので必要な補修工事が確実に実施できます。

保険金の支払限度額
最高1,000万円
工事金額に応じて100万円~1,000万円まで選択できます。

もしも、リフォーム工事業者が倒産してしまったら

万が一、事業者が倒産してしまった後に工事部分に不具合が起こっても、保険期間内であれば発注者様から補修費用を第三者機関に直接請求できます。

こんなときが保険金お支払いの対象です。例えば…

キッチンの水漏れ

キッチンの交換工事をして8ヵ月後にキッチン配管の接続不良が原因で水漏れ。フローリングの床をいためてしまった。

保険金の支払例

事業者が保険金を利用して配管の接続工事のやり直しと床の張替え工事を行った。

外壁の雨漏り

外壁の張り替え工事をして3年後に雨漏りが発生したので事業者に連絡したが、倒産していた。

保険金の支払例

別の業者を手配して、外壁の一部張替えや下地の補修工事を実施した。80万円かかったが、保険を利用したので免責金額の10万円の負担で済んだ。

建築士の資格を持った第三者の検査員が検査します!

しっかりとした施工がされていなければ、水漏れで柱や床をいためてしまうなど、工事をした箇所以外にも影響するようなこともあります。『リフォームかし保険』では、発注者様では分かり難い工事の内容をプロの検査員の目でチェックします。

リフォーム工事に自信があるから第三者の検査も自信を持って受けられます!

保険の概要

保険のしくみ

  • 保険の契約者は、リフォーム工事業者です。
  • 保険期間内に工事を行った部分にかし(不具合)が発生した場合、リフォーム工事業者に補修費用を保険金としてお支払いします。
  • 保険の対象となる部分にかし(不具合)が発生し、リフォーム工事業者が倒産等の場合は、発注者様が第三者機関に直接保険金の請求ができます。

保険の支払対象と保険期間

この保険では、請負契約に基づき工事を実施した部分が保険の対象です。不具合の発生箇所と原因(事故となる事由)により保険期間が異なります。

① 構造
構造耐力上主要な部分が基本的な耐力性能を満たさないこと
(保険期間5年間※)
② 防水
雨水の侵入を防止する部分が防水性能を満たさないこと
(保険期間5年間※)
③ その他
上記①②以外の部分が、社会通念上必要とされる性能を満たさないこと
(保険期1年間)

※その他に起因した場合は1年間になります。

工事と料金の例

工事内容 工事金額 保険金の支払限度額 検査回数 料金(保険料+検査料)
キッチンの交換工事 60万円 100万円 1回 29,800円
屋根と外壁の全面改修工事 180万円 200万円 2回 49,400円
間取りの変更(柱・筋交いの撤去・新設を含む) 550万円 600万円 2回 61,100円
1階に1部屋増築(50㎡未満)と既存住宅部分の工事(筋交いの撤去・新設を含む。200万円) 1,200万円 2,000万円
200万円
4回 84,900円

※工事内容や請負金額により料金は変わります。

コープ住まいるでの
かし保険付保業務基準について

リフォームかし保険

  • 保証期間
    5年間
  • 任意加入が原則
  • 加入未加入の
    了承書
  • 最大1,000万円
    の保険金
100万円以上~
300万円未満の
リフォーム工事
  • 任意加入、お客様負担
  • 見積書に明確表示
  • 契約時加入未加入の確認
300万円以上の
リフォーム工事
  • コープ全額負担
  • 見積書に明確表示(全額表示、無料サービス表示)
  • 契約時加入未加入の確認
フリーダイヤル0120-925-511 資料請求 お問い合わせ・資料請求